スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
カクテルの王様
今日はもうひとつ記事を。

新しく、ウォッカとドライ・ベルモットを買ってきました。

また宅飲みが捗ります。

まずは、これを…

知らないの?ジンとベルモットが交われば…コナンで読んだあのシーン。作りたかった、カクテルの王様マティーニ。オリーブが無いのが残念ですけど。

写真 1




ドライ・ジン 4/5
ドライ・ベルモット 1/5

上記材料をミキシング・グラスに入れてステアする。
カクテル・グラスに注ぎ、オリーブを飾る。

オリーブが無いと、レシピ的にはエインズワースと言うカクテルになってしまうとかならないとか。カクテルは奥が深いですね。


続いて、ロゼリン。

写真 2




ドライ・ジン 3/4
ドライ・ベルモット 1/4
グレナディン・シロップ 1tsp.

上記材料をミキシング・グラスに入れてステアする。
カクテル・グラスに注ぎ、レモン・ピールを絞りかける。

マティーニのレシピにグレナディン・シロップを加えた感じ。シロップの甘酸っぱい香りと赤い宝石のような輝きを放つカクテルです。マティーニ同様辛口。

次は、ウォッカカクテル。

ソルティ・ドッグ

写真 3




ウォッカ 45ml
グレープフルーツ・ジュース 適量
塩 適量

オールド・ファッションド・グラスの縁をレモンで濡らし、塩をつけ、スノースタイルに。
そのグラスに氷をいれ、ウォッカ、グレープフルーツ・ジュースをそそぎ、ステアして完成。

今回は普通の食塩を使用していますが、カクテル用のマルガリータソルトを使用するとより良いそうです。グレープフルーツの酸味と塩が絶妙です。

次は、スクリュー・ドライバー。

写真 4




ウォッカ 45ml
オレンジ・ジュース 適量

タンブラーに氷を入れてから、 材料を全てタンブラーに入れステアする。

シンプルで、とても飲みやすい。誰もが知っている有名なカクテル。口当たりが良いが、度数は高めなので飲み過ぎに注意!

とか言いながら、簡単に作れちゃうもんだからどんどん飲んでしまうんですけど。

途中でウォッカをドライ・ジンに変え、オレンジ・ブロッサムを飲みながらこの記事を書いてます。

うーん、色々なお酒が飲めると楽しいですね。

次はピーチリキュールか、コアントロー、オレンジ・キュラソー、ホワイト・ラムを狙ってます。

あ、カルーアとルジェカシス買い足しておかないと…
2012/08/18(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://akitoaosora.blog55.fc2.com/tb.php/1068-b47aa2cc
前のページ ホームに戻る  次のページ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。